クリスマスのメニューを考える

クリスマスが近くなり、街などもにぎわっています。

こんな時期からよく考えるのがクリスマスのパーティーの時の食事です。
クリスマスチキンなどは定番ではありますが、もっと変わった食事がないかを模索してるのです。

中には自分でクリスマスのお食事を作る方も多いようです。
作るレシピはケーキやサラダ、ローストビーフなどもあります。
手巻き寿司なども、結構用意するのが簡単なものかもしれません。

ちょっと変わったものが食べたい、という時などには手作りのものなどもいいものです。

さらに、ショップで頼めるものなどを見てみると、やはりお肉が多いです。

まるごとのチキンは見た目にすごいボリュームです。
ですが、このような大きなチキンは後で切り分けてサラダにしたり、チャーハンにしてもいいかもしれません。
ここぞとばかりにチキンの大きなものを出して、残らないようにうまく切り分けならが食事をし、保存しておくのもいいかもしれないですね。

少人数の家庭などではこんな食べ方などもパーティでは使いたい工夫です。
お肉ひとつでも、様々な味付けのものがありますので、ちょっと変わったものが食べたい、という時にはこういったものを注文しておくのもいいかもしれません。
おすすめ女性育毛剤
住宅ローン借り換え金利比較
トーカ堂

仕事に行きたくない日のこと

毎日夜になると少し落ち込むのです。ため息が出てしまう。「はぁ~」…「はぁ~ぁ」と。
明日仕事にいきたくないなぁと、毎晩思うのですよ。それでほんの少し気持ちが落ち着くのは仕事が終わる30分前位から
9時頃まで。9時30分を過ぎたあたりから(お風呂にはいらなきゃな~)と思い始めて明日のことを考え始める。
で、少しずつ憂鬱になり始めてしまう。
嫌になっちゃいます。
どうしたら憂鬱にならずにすむのかなと考えて思うことは(きっとみんなそうなんだろうな…)ということ。
だってきっとそうですよね。
朝の電車、みんな暗い顔してますよね。ダースベイダーでも傍に立ってるの?といった感じ。
それでも電車に乗ってしまったからには行くしかない、ここまで来たからには行ってしまうしかないといったところでしょうか?
傍に立っている人の(あ~行きたくない)をもし共有出来たら、(そうですよね~私も今日行きたくないんですよ~)となって(あなたもですか、私も今日行きたくないんですよねぇ)となって(まったくしょうがないですね)となって仲間を得た気持ちになって行ける…なんてことにはならないもんでしょうか。
他力本願な妄想ですが、行かなきゃしょうがない・でも行きたくないあ~憂鬱という状態にあってはこんなあまり前向きでない気持ちの共有をしてでも結果、行ければ良いのにななんて思う毎日です。
ダイレクトテレショップ
ビーグレンの評判
おすすめコスメ

なぜか本番では失敗しない娘のピアノ発表会

娘のピアノの発表会でした。夜中に単身赴任先の静岡から戻ってきていた旦那も一緒に、会場である中野坂上のホールへ。

随分前から課題曲は決まっていて、最初から真面目に練習すればいいものを、生来、あまりプレッシャーを感じない性質なのか、完璧を求めない主義なのか、ただの怠け者なのかは存じませんが、いい加減な練習しかしてこなかったため、直前になっても、たどたどしい演奏。

でもこれまで、練習ではダメでも、なぜか本番では不思議と失敗しないことが多かった娘。今回も「自分は本番に強い」という、根拠のない信念を持って臨んだようです。

が、無残にもジンクスは破れ、はぁ~ぁ…という結果に。

本人はピアノは好きじゃないみたいです。上の子がやっていたから、自分もやると言って始めたものの、やってみたらさほど面白くもなく、いつの間にやら私に“やらされている”かのようになっています。自分から進んでピアノの前に座ろうという意欲は、今やゼロ。

同じ小学校の男の子が、たまたま同じ課題曲で、自分よりも遥かに上手に弾いているのを聞いても、じゃあ、がんばろうと奮起する様子もありません。こんな調子で、月1万円=年12万円の月謝を払い続けることに、なにか意味があるのかなぁ…と思ったり。
女性加齢臭石鹸
セルライト除去
背中ニキビ対策化粧品

製品のサンプルとデザイン

うちの会社はいわゆる販促のための製品などを扱っている会社です。業務の基本的な流れとしては、クライアントからの依頼でそこが扱っている商品を宣伝するための企画やアイテムのデザインなどを行い、出来たものを納品するというようなことをやっています。

その会社のPRのため、都内で催されたあるイベントで製品のサンプルを配るというようなことを先日やってきました。

私はデザイナーサイドの人間なので、あまりそういうところに足を運んだ経験がなかったのですが、今回はメンバーの急な出張による人員の補充ということで参加してきました。

まあとりあえず、その営業活動自体はわりと上手く行ったので良かったです。名刺の交換などを行っただけなので、実際の商売のチャンスに繋がるかどうかはこれからですが、それなりの手応えは掴めていました。

今回は自分がメインでデザインを担当したものがなかったので、次回また参観させてもらえるのなら、その時は私もいくつか担当させてもらいたいと思いました。

社内はもう二十年以上の経歴を持つベテランばかりで、私などは本当にまだまだ駆け出しの存在です。そのため自分だけのデザインの採用はなかなか難しそうですが、頑張って実績を作って行きたいです。
おすすめ美白化粧品
おすすめ青汁
顔のシミ取りランキング

素直に感動を口にするひと

私は、自分の感情に素直です。お上手がいえません。お世辞も苦手です。
綺麗な物は綺麗だとい言い、好きな物は好きだと言います。人がこれはちょっとと言う時もあれば、
私が言ったことで、人が集まることもあります。たいした客引きパンダです。
さすがに、これは嫌い、と目の前で言うことはありません。うーん、個性的、好きな人にはたまらない、
絶妙な言い方もあったものです。
人に悪く思われない、物の言い方、私はテレビでそういうのを見ては、人っていろいろいるからな、と思うのです。
色んな人が居るから、世の中成り立っているのですけどね。
いわれてガーンとくる人も居れば、同じ言葉を言われても、平気な人も居ます。
また、私のように、素直に感動を言葉にはするものの、平気で人を刺すことはいえない人間は、とりあえず、
人がこれを言われたら、自分が言われたら、どのように思うか考えるのですが、私の知人のなかには、とにかく、
後のことは全く考えない、グサッとくることを平気で言う人が居るのです。
私も、何度傷ついたかしれませんが、至って人は良いのです。
人は良いけれど、正直に物を言う、これをどのように解釈し、付き合うかが課題だったのです。
相手の性格を知ること。まず、これで心の準備はできます。
おすすめ無添加ドッグフード
おすすめ花ギフト通販